『10+1 website』編集記事リスト

月号 内容
   
2017年12月 特集= 建築情報学へ
 池田靖史(建築家、慶應義塾大学SFC教授)+豊田啓介(建築家、noiz主宰)「建築情報学とは何だろうか」
 木内俊克(建築家、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻助教)「MISC. DATA──情報以前の「雑多な質」を扱うために」
   
2017年10月 特集= 建築の公共性を問い直す
 鷲田めるろ(金沢21世紀美術館キュレーター)「公共の概念と建築家の役割」
   
2017年5月 特集= ファブリケーションの前後左右──ネットワーク時代の生産論
 吉村靖孝(建築家)+林厚見(株式会社スピーク共同代表、東京R不動産ディレクター)「『ポストファブリケーション』とそのデザイン」
 砂山太一(京都市立芸術大学美術学部特任講師)「デジタルファブリケーションを有効化するための5カ条」
   
2017年4月 特集= フィールドワークの諸相──「野」の歩き方
 加藤文俊(慶應義塾大学環境情報学部教授)+荒木優太(在野研究者)「フィールドワークと在野研究の現代的方法論」
   
2017年2月 特集= ワークショップと建築設計の最前線
 新居千秋(建築家、元東京都市大学教授)「ワークショップ的なものとの私的半世紀」
   
2017年1月 特集= 2017年の建築・都市を読むためのキーワード
 勝矢武之(日建設計設計部門部長)「『木造建築』の世界的動向、そしてその新しい可能性とは?」
   
2016年11月 特集= 地図と都市のダイナミズム──コンピュテーショナル・マッピングの想像力
 若林幹夫(早稲田大学教育・総合科学学術院教授)+松岡慧祐(奈良県立大学地域創造学部専任講師)「世界とのインターフェイス──グーグルマップの社会学をめぐって」
   
2016年9月 特集= 都市・映像・まなざしの地政学
 吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授)+南後由和(明治大学情報コミュニケーション学部専任講師)「まなざしの現在性──都市・メディア技術・身体」
   
2016年7月 特集= 建築・都市──人工知能という問題へ
 小渕祐介(建築家、東京大学建築学科准教授)+ドミニク・チェン(ディヴィデュアル共同創業取締役)「コンピュテーショナル・デザインと拡張するAI技術」
   
2016年3月 特集= 建築史の中の戦争
   八束はじめ(建築家・建築批評家)+青井哲人(建築史、明治大学准教授)「ウォーフェアからウェルフェアへ──戦中と戦後、空間と言説」
PICK UP
   吉田誠(写真家)+西川公朗(写真家)+堀田貞雄(写真家)+小嶋一浩(建築家)+赤松佳珠子(建築家)「小嶋一浩+赤松佳珠子出版記念トーク 建築写真を通して『背後にあるもの』を見る」
   
2015年12月 特集= 千年村宣言
 中谷礼仁+石川初+木下剛+福島加津也+元永二朗「[座談会]千年村プロジェクトの始まりと活動報告」
   
2015年8月 特集= 都市学への思考
 石川初(慶應義塾大学大学院教授)+日埜直彦(建築家)「総合地上学へ向けて──ランドスケール、キャラクター、生態学的視点からのアプローチへ」
   
2015年7月 PICK UP
 中川武(建築史家)「夢の世界建築史 中川武教授最終講義・記念シンポジウム『世界建築史をめぐって』」
 原広司(建築家)「世界集落の発見 中川武教授最終講義・記念シンポジウム『世界建築史をめぐって』」
   
2015年5月 特集= 研究室の現在──なにを学び、なにを読んでいるか
 西沢大良(建築家)「経験としての建築研究室──学んだこと学ばなかったこと、そして考えたいこと」
   
2015年3月 特集= 再考・集団設計の思想──集合的クリエイションの実践とその源流
 藤村龍至(建築家)+井庭崇(慶應義塾大学総合政策学部准教授)+難波和彦(建築家)「パタン・ランゲージの今日的意義──新たなコラボレーションのかたち」
   
2014年12月 特集= 金沢21世紀美術館「ジャパン・アーキテクツ」
 五十嵐太郎(建築史家、建築評論家)+山崎亮(コミュニティデザイナー)+小野田泰明(建築学者、建築計画者、東北大学大学院教授)、司会:鷲田めるろ(金沢21世紀美術館キュレーター)「3.11以後の建築」
   
2014年11月 PICK UP
 槇文彦(建築家)、内藤廣(建築家)、青井哲人(建築史家・明治大学准教授)、浅子佳英(建築家・インテリアデザイナー)、コメンテーター:五十嵐太郎(建築批評家)、モデレーター:松田達(建築家)「新国立競技場の議論から東京を考える」
   
2014年10月 特集= 磯崎新をどのように読み継ぐか──批評・手法・歴史をめぐって
 浅田彰(京都造形芸術大学教授)+岡﨑乾二郎(美術家・批評家)+日埜直彦(建築家)「磯崎新をどのように読み継ぐか──批評・手法・歴史をめぐって」
   
2014年7月 特集= 2014ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展
 太田佳代子(コミッショナー)、中谷礼仁(ディレクター)、本橋仁(史料調査)、山形浩生(エグゼキュティブ・アドバイザー)、山岸剛(写真家)、小林恵吾(展示デザイン)、石山友美(映画作家)「建築における日本近代化100年の「倉」とは──第14回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展プレビュー・トーク」
   
2014年4月 特集= 現代建築を学ぶための最新ガイド
 八束はじめ(建築家)+藤村龍至(建築家)「都市を考察するロジック、建築をつくる方法」
   
2014年3月 特集= 伊勢/式年遷宮──古代建築と反復の神話学
 井上章一(建築史)+安藤礼二(文芸批評)+青井哲人(建築史・都市史)「伊勢神宮を語ること、その可能性と不可能性──式年遷宮を機に」
 大澤真幸(社会学)「反復による文明の比較──式年遷宮から日本を見る」
   
2013年9月 特集= 丹下健三──建築と都市のヴィジョン
 隈研吾(建築家)、聞き手:松田達(建築家)「知られざる丹下健三──海外プロジェクト・都市計画を中心に」
   
2013年7月 特集= 都市的なものの変容──場所・街区・ジェントリフィケーション
 新雅史(社会学者)+笠置秀紀(建築家、都市研究)「東京で一番住みたい街、吉祥寺──街の魅力とジェントリフィケーションをめぐって」
   
2013年6月 特集= 建築家とは何か──堀口捨己、神代雄一郎の問い
 青井哲人(建築史・都市史、明治大学准教授)「イントロダクション──趣旨説明」
 藤岡洋保(建築史、東京工業大学大学院教授)「基調講演1:表現者・堀口捨己──総合芸術の探求」
 青井哲人(建築史・都市史、明治大学准教授)「基調講演2:神代雄一郎、その批評精神の軌跡」
 磯崎新(建築家)「堀口捨巳と神代雄一郎──二つの発言への註」
 日埜直彦+天内大樹+ケン・タダシ・オオシマ×藤村龍至×青井哲人「プレゼンテーション+ディスカッション」
   
2012年12月 特集= 東京駅・新考
 藤森照信(建築史家)+中谷礼仁(歴史工学家)+清水重敦(建築史家)「東京駅──再生と復元の美学」
   
2012年10月 特集= 新しい「まちデザイン」を考える 5──創造都市論の現在
 佐々木雅幸(大阪市立大学大学院創造都市研究科教授)+太田浩史(建築家)+乾久美子(建築家)「【第5回】[インタヴュー]新しい「まちデザイン」を考える 5──創造都市論の現在」
   
2012年9月 特集= 第13回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展日本館
 伊東豊雄(建築家)、乾久美子(建築家)、藤本壮介(建築家)、平田晃久(建築家)、畠山直哉(写真家)、多木陽介(演出家、アーティスト)「『ここに、建築は、可能か?』──ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展に向けて」
PICK UP
 今村創平(建築家)+八束はじめ(建築家・建築批評家)+難波和彦(建築家)「アンソニー・ヴィドラー『20世紀建築の発明──建築史家と読み解かれたモダニズム』(今村創平 訳)をめぐる書評シンポジウム」
   
2012年7月 特集= 震災復興のまちづくり──縮退社会の都市計画
 饗庭伸(都市計画)+新雅史(社会学)+西田司(建築家)「震災復興のまちづくり──縮退社会の都市計画」
   
2012年4月 PICK UP
 塚本由晴(建築家)+中谷礼仁(歴史工学家)「対談:転換期における建築家の存在、歴史家の役割」
   
2012年3月 特集= 3.11──復興への記憶と記録
 牧紀男(防災学)+青井哲人(建築史)「対談:3.11──復興へのプロセスとアポリア」
   
2012年1月 特集= 『Hyper den-City 東京メタボリズム2』と都市の行方
 八束はじめ(建築家・建築批評家)+西沢大良(建築家)+吉村靖孝(建築家)「トークセッション──『Hyper den-City 東京メタボリズム2』と都市の行方」
   
2011年8月 特集= 新しい「まちデザイン」を考える
 乾久美子(建築家)+太田浩史(建築家)「【第1回】[対談]新しい「まちデザイン」を考える」
連載:Think about the Great East Japan Earthquake
 牧紀男(防災学)+青井哲人(建築史)「東日本大震災を考える[2]:移動と定着のメカニズム──災害の歴史から学ぶこと」
   
2011年4月 特集= 構造と建築
 佐藤淳(構造家)「日本の建築のつくり方」
   
『10+1 web site』